公務員の不動産投資の成功例とは?

公務員の副業に不動産投資が向いているとよくいわれます。
確かに不動産投資をしている公務員は昔からいます。
一方で不動産投資で失敗するととんでもない負債を抱えることになる、なんて話もよくされています。
では、不動産投資で失敗せず成功するために必要なことはあるのでしょうか。

たった1分、6つの質問に答えるだけで【人生100年時代のライフプラン診断】を無料診断!
無料のライフプラン診断を通して、おすすめの運用例や推定収支などを確認できます

公務員の副業に不動産投資が人気

公務員の副業といえば不動産投資でしょう。
副業が実質的に禁止されている公務員にとって、不動産投資は数少ない現実的な副業です。
一定の規模以下であれば職場の許可等は要りませんし、規模が大きくても許可等を得れば大丈夫です。
株式投資党の金融商品よりも価格の騰落が大きくなく、公務員の副業に不動産投資には人気があるのです。

公務員が不動産投資で成功するためには

成功をしたのであれば、自分にとって有利な点を活かし、不利な点を補うことが必要です。
公務員が不動産投資で成功したいのであれば、公務員が不動産投資で有利な点を活かすことと不利な点を補うことが欠かせません。

公務員が不動産投資で有利な点

公務員には不動産投資を進めるにあたって有利な点があります。

公務員は融資を受けやすい

公務員は銀行等から融資を受けやすく、資金を調達しやすくなっています。

不動産の購入にはまとまった資金が必要になります。
ほとんどの場合、銀行等から融資を受けて物件を購入することになります。
融資を受けにくい職業の人たちは資金を用意することができず、不動産投資をはじめることすら難しいことが少なくありません。

公務員は融資を受けやすいので、不動産投資をはじめられないという事態にはなりにくくなっています。

公務員には安定した給料がある

公務員には定期かつ現金払いの給料があります。
潤沢、とはいえないかもしれませんが、安定した現金収入を生活資金にできるのは非常に有利なことなのです。

不動産投資は安定しているといわれますが、それでも突発的な事態は発生します。
空室が出たりや急な修繕が必要になったりして収益が悪化することはしばしば発生します。
不動産投資の収益を生活資金に充てていると大変なことになります。

公務員には安定した給料がありますから、急な事態が発生しても、生活に及ぼす影響は限定的です。
公務員は安定した給料のおかげで不動産投資を有利に行うことができるのです。

公務員が不動産投資で不利な点

一方、公務員が不動産投資で不利な点もあります。

公務員は仕事で不動産投資を学べる機会が少ない

知識や経験が不足していれば失敗のおそれが大きくなります。

公務員は仕事の中で不動産投資に関する知識や経験を身に付ける機会はあまり多くありません。
不動産投資では多くの知識や経験が必要になってきます。
不動産に関する法律や規制は多く、これらを知らないと適切な投資計画を立てられません。
最悪の場合、原野商法のような詐欺的な投資話に引っかかることもあります。
物件の購入価格や将来の売却価格、賃料水準や空室率等の現状と今後の推移が展望できるようでないいと利益を出すことは難しいでしょう。
建物の維持管理の状態の把握と将来予測ができることは安定した不動産投資に必要な能力です。

しかし、不動産投資に関する知識や経験を仕事の中で身に付けられる公務員はほんの一部です。
知識や経験が不足したまま不動産投資をはじめると、失敗するおそれが大きくなるのです。

公務員には副業制限がある

公務員は副業が制限されています。
不動産投資は比較的緩やかな制限となっていますが、それでもまったくの自由にできるわけではありません。

投資物件が5棟以上または10室以上等、一定以上の規模になると許可等が必要になります。
この承認または許可を得ないと制限違反になり、懲戒処分の対象となります。
また、物件の用途は制限背れていますし、物件の管理等は業者に委託しなければなりません。
さらに、職務専念義務がありますから、勤務時間中に不動産投資に関することはできません。

公務員は不動産投資をこうした制限の範囲内で行うしかありませんが、これは少なからぬ枷になります。
制限のない人たちに比べれば制限のある人は不利になるのは当然です。

こうした制限を守れず、懲戒処分となった公務員は少なくありません。
中には懲戒免職となった公務員もいます。
公務員を続けたいのであれば、不利になるとしても副業制限の範囲内で活動しなければならないのです。

たった1分、6つの質問に答えるだけで【人生100年時代のライフプラン診断】を無料診断!
無料のライフプラン診断を通して、おすすめの運用例や推定収支などを確認できます

資金運用の候補となる収益物件には…。

収益物件と申しますのは、マンションやアパートといったものしかないというわけじゃないのです。

目的の違うものを挙げれば、事務所としての使用が考慮された収益物件も存在しますし、店舗向けの物件や工場向けの収益物件もたくさん出回っているようです。
不動産の賃貸経営をする上でのメインの空室対策ということで言うと、入居条件の緩和、部屋の中のイメチェンウィ図るリノベーション、水周りなどの設備のグレードアップなどがあるでしょう。
マンション経営の説明では、「幾ら位の節税効果があるのかや利回りに着目すべし」などと言われていますが、金額的なことを気にしすぎると、むしろ残念な結果になるかも知れないということも申し上げておきましょう。
不動産投資セミナーへの関心が高まっていますが、対象となる人を絞って行われているものもかなりあり、中には参加者もスタッフも全員女性にして、区分マンションに関する管理について教授するようなセミナーが好評であったりするらしいです。
マンション経営と言うと莫大な元手が必要だと考えがちですが、アパート経営とは異なり、1棟の建物全体を収益物件という形で投資するというのとは別物と言ってもよく、複数の部屋がある建物の中の1つの部屋を所有する不動産投資だと理解していいのではないでしょうか。

マンション、そしてアパートというような収益物件をセレクトするという場合に極めて重要なのは、どれぐらい前に建てられたのかということです。

マンション投資の特徴として、建物が長くもつといったあたりも良いところでしょうが、気になる物件があれば、何を差し置いても修繕費用として蓄える修繕積立金が不足しそうなことはないかを明らかにするようにしてください。
一括借り上げ契約を促す不動産会社等は、「長期家賃保証」などと広告を打っています。

それを言葉通りに受け取るのは避け、契約するつもりがあるなら、細部に亘り内容を明確にするべきなのです。
探してみると、主要都市では不動産投資に力をいれている業者によって企画された不動産投資セミナーがたびたび開催されていて、その殆どが参加料も支払うことなく出席することができます。

ここ最近は参加者も多く、不動産投資の賑わいぶりが窺えます。
資金運用の候補となる収益物件には、家賃など一定の賃料で得られる利益以外に、高くなった時に売ることで利益が見込めるような物件もあることは無視できません。

家賃などの形で得られる利益は国債の利子と同様に「インカムゲイン」、買った不動産を高く売って得る収益は投資信託取引による利益と同様に「キャピタルゲイン」と呼ぶようなことも多いです。
海外不動産投資に話題が集中しましたが、「近い将来海外で収益物件を見つけるつもりがある」のなら、従来よりも神経をとがらせて将来を予測することが不可欠だと言えるでしょう。

マンション経営は普通の人には無縁のものと捉えられがちですが…。

不動産投資セミナーはたくさんありますけど、対象となる人を絞って開催されるセミナーも多く、中でも女性向けと謳って、賃貸アパートに関する注意点を説明してくれるようなセミナーに人気が集まっていたりすると聞いています。
海外不動産投資をするという時に、第一に意識しておく必要があると言われるのは、だいたいの海外不動産投資が「物件の値上がりによる差益オンリーのものなのだ」ということだろうと思います。
不動産投資におきましては、収益物件の判断をするために利回りという数字を利用することになりますが、殊に年間の賃貸料の総額から税金などを引いて、これを購入価格で除した「実質利回り」を使うのがより一般的かも知れません。
不動産の収益物件と言うと、初めから賃借人がいる物件のように、買った時から家賃で収益があげられる物件も結構あります。

入居者がつかないという心配はありませんが、不利な点として、事前に部屋の中を確かめることは不可能だと承知する必要があります。
今後の期待が薄いと見なされてから、それなりに月日が経っていると思うのですが、このところじわじわと盛り上がってきているらしく、各所で不動産投資セミナーが行われることが増えています。

Follow me!